間違った飼い方で起きる問題行動 咬み癖でお困りの方へ


  • TOP >
  • 間違った飼い方で起きる問題行動 >
  • 咬み癖でお困りの方へ

可愛がってるのになぜ咬むの?

可愛がってるのになぜ咬むの?

ワンちゃんの愛らしい仕草、あどけない表情には、いつも心癒され悩みも忘れてしまいそうですね。

ボールを追いかける!
ぬいぐるみを振り回す!
転げて鳴いて駆けてくる!
そしてあなたの手をカプッ!次いで足もカプッ!イタッ!

悩みを思い出してしまいましたね。

どんなに可愛らしい、かけがえのないワンちゃんも口を開ければ、尖った立派な牙が4本も生えているんです!
本来はその牙を使う事で、自身や群れの防御、地位の獲得、獲物の奪取等を行う、本能を備えた動物なのです。
これらを踏まえて、犬がなぜ咬むのか?どうすれば咬まなくなるのか?考えて見ましょう。

甘咬みと本咬みを区別する!

基本的にワンちゃんが甘咬みをするのは喜んでいるときです。
遊んで欲しいとき、要求があるとき、テンションが上がってきたときなど、ほとんどの子犬が成長過程でする行為です。痛くない控えめな咬み方から、跡や傷が残るほどのしつこく強い咬み方までありますが、生後5ヶ月くらいまでには直しておきたいものです。

・甘咬みをほうっておくと……

甘咬みが長引くと人を咬むことに抵抗がなくなり、いずれ本咬みが始まります。唸り声を出したり鼻にシワを寄せたりして、たとえ少しでも血が出るほど咬むようであれば、いくらかわいいワンちゃんでも喜んではいられません!
自分の強さを見せつけようとする本咬みの兆候です。

・甘咬みのサイン

例えばブラッシングをする時、ブラシや手を咬んでくるのは「ブラッシングはキライだから止めてヨッ!」という嫌悪感や怒りです。
エサのときや、オモチャやガムで遊んでいるときに手を出して咬まれるのも同様です。いずれも防衛本能から来る咬みつき(攻撃)なので力が強くケガをします。
やがて行き過ぎて何針も縫う傷を負うところまでくると、プロでも咬み癖を直すのは至難の技です!
すべてのしつけの中で本咬みは最も直しづらい問題行動なのです。

・イタイッ……!本咬みかなと思ったら
大ケガをする前に、一回咬まれた時点でプロに相談しましょう。
一回目であれば突発的に咬んでしまった可能性もあります。この段階なら直る確率は高いのです。
二回目からは本気で咬むようになり、咬む強さやスピードがどんどんエスカレートし、それは一生続きます。
甘咬みのうちに確実に直し、本咬みになる前に早急なしつけが必要です!

初期段階でのサカタドッグスクール式「甘咬みをほめて直す!」

  1. ワンちゃんが甘咬みをしてきたら、素早く両手でマズルをしっかりつかみます。
  2. 顔をできるかぎり近づけて、笑顔で大きい声で「ヨシヨシ!イイコだね~!」同時に両手にギュッと力を入れ2~3秒したら放します。
  3. もう一度笑顔で「ヨシヨシ!イイコだったね~!」とやさしくたくさん撫でてあげます。上手く決まればもう咬んできません!
  4. うまくいけば、これでもう咬んできません!(うまくいかない場合は繰り返し行います)

・甘咬みを強く怒らないで!
喜んでする甘咬みを叱るのは逆効果です。叱ったことで余計に咬んでくることもあります!
「甘咬みをしたらほめなさい!」と聞いたことはないでしょうが、私はこの方法で、1000頭以上のワンちゃんの甘咬みを治してきました。
うまくいけば飼い主さんでもできるかもしれませんが、タイミング、思い切り、オーバージェスチャーが大切なので、難しいときにはご相談を!

・お手入れのときに咬まないように
子犬の頃からブラシ・シャンプー・爪切り・耳掃除・お腹を見せる・口を触る、開けさせる・牙を触るなどを、イヤがってもほめてほめて頻繁に行いましょう!
ワンちゃんは我慢をすること、イヤでもさせること、自分の思い通りにいかないことを覚えて育つと、わがままになりにくいんです!
「爪だけは切れないなぁ~」では、いつか咬まれるかもしれませんよ?

サカタドッグスクールでは咬み癖をもつたくさんのワンちゃんたちと真正面から向き合ってきました。
人を咬むのは犬にとっても不幸なことです。もしワンちゃんが咬むようになったら、人を傷つけないやさしい性格に戻れるよう、早目のご相談をお待ちしています♪

わんポイントアドバイス 雄犬の去勢手術は咬み癖にはほとんど効果が期待できません。ダイレクトに牙をカットする手術が効果絶大です。

サカタドッグスクールの訓練内容については、サービスの内容・アフターフォローをご覧ください♪

0297-36-0691 人を傷付けない優しい性格に戻せるよう、早目のご相談をお待ちしています♪

PAGE TOP



Copyright© 犬の飼い方お任せナビ ~しつけでお悩みの方に~. All Rights Reserved.